食べ物に興味があるという人におすすめなのが、食育アドバイザーの資格です。 平成17年に施行された「食育基本法」の影響もあって、食育アドバイザーという資格が誕生しました。 食育アドバイザーを取得することで、食に関する豊富な知識を持っていることを証明できます。 また、コミュニケーション能力がないとアドバイザーにはなれないので、高いコミュニケーション能力があるという証明にもなります。 この資格を取得するメリットは、福祉や医療関係、教育関係の職場で重宝されるという点です。 食に詳しい人がいてくれれば、安心して子供たちや高齢者に食事を提供することができるので、この資格を持っておいた方が有利でしょう。 そして、食育アドバイザーの資格はそれほど難しくないため、どなたでも取ることができます。 主婦の方が育児をしながら勉強しても、合格できる程度の難易度だと思ってください。 ただし、だからといって、勉強をしないで合格するのは不可能です。 テキストを何度も熟読することが大切ですし、参考書が少ないので、インターネットで分からないところは調べないといけません。